Last update:2022,Jan,15

平将門の乱 詳細篇 その1 高望王 〜 936年下野国境の戦い

small5
「さて、今回は「日本史 武士の台頭」の「平将門の乱」の「詳細篇」いうことで、本編では省略したより深い話を紹介していくぜ!まだ本編を見ていない、っていう人は、まずはこちらの本編から見てくれよな。」
big5
「詳細篇はいつもどおり、OLさんの代わりに私が聞き役になります。」

<目次>
1.将門らの祖先・高望王の話
2.将門の出生年
3.京都で過ごした青年時代
4.935年2月 野本の戦い 平将門の乱の始まり
5.935年10月21日 川曲村の戦い 平将門 vs 平良正
6.936年7月26日 下野国境の戦い 平将門 vs 平良兼・良正・貞盛



将門らの祖先・高望王(平高望)の話


高望王=高見王説について

small5
「平将門の出自は謎が多いが、系図も謎が多く残されているよな。」
big5
「そうですね。一般的にはこの系図がよく出てきますが、これを否定する説もありますし、それに対して明確に反論できる材料もない、というのが現状ですね。」


small5
「将門はよく「桓武天皇の五代後の後胤」と表現されることが多いんだが、それは上の系図に基づいたものだ。だが桓武天皇葛原親王(かずわらしんのう)は生没年がわかっているが、高見王、高望王は不詳になってる。1年2年の違いではなく、20年くらい違ったりするので、親子関係が変わりうる違いだ。さらに、高見王は葛原親王の子であったにも関わらず「無位無官」のままであり、なんら事績なく生涯を閉じた、ということで記録がほとんどない。そのため、高見王=高望王なのではないか?と考える研究者もいる。高見王の「見」と、高望王の「望」は両方とも「み」と読めるから、見と望が誤植されて、別人物となった、という解釈を加えていることもあるな。」
big5
「それも一理あるかと思いますが、私は高見王≠高望王だと思います。理由は、年齢的に厳しいから、です。高望王の没年は911年、912年 or 917年の3つがありますが、早くても911年です。もし、高望王が葛原親王の子だとして、高望王は葛原親王がだいぶ年を取ってから生まれた、例えば葛原親王が50歳の時(836年)の子だとしても、911年で75歳です。当時としてはかなりの高齢です。もちろん不可能ではありませんが、厳しいと思います。それよりも、葛原親王が30歳(816年)の時に高見王が生まれ、高見王30歳(846年)に高望王が生まれたとしたら、911年に高望王が死去した時に65歳ですから、こちらの方が自然です。 」
small5
「そうだよな。俺もbig5の意見に同意だぜ。参考までに、他の著名人の見解も記しておくぜ。」

※参考 著名人の見解

海音寺潮五郎「悪人列伝」:高見王は無位無官で人生を終えた、としている。高望王は苦労して上総介の地位を得たのであろう、と推察。

上総介任官と地縁形成そして大宰府へ

small5
「さて、高望王は高見王の子、という前提で話を進めていくぜ。高望王が宇多天皇の勅命で臣籍降下して平高望となったのは、寛平元年(889年)5月13日。もっと早い貞観3年(861年)とする記録もあるが、可能性は低いのではないか、と思う。そして、上総介に任官されて任地に赴くのが昌泰元年(898年)だ。この時、長男の平国香、次男の平良兼、三男の平良将も伴って赴任したようだ。この頃、国司に任官されても京都に残って代理人を派遣する遥任は普通になっていたが、高望はそうしなかった。おそらく、京都に残っても藤原氏専制の朝廷では出世の可能性は低いと見たんだろうな。都でしがない下級貴族として暮らすよりも、関東地方の在地領主として過ごした方がマシだ、って考えたんじゃないかと思うぜ。」
big5
「そうですね。ただ、天皇の曾孫なのに下級貴族って、なかなか特徴的な世の中だと思います。藤原氏の権勢の強さ以外にも、なにか背景があるんじゃないか、と私は思いますね。」
small5
「高望は任期が切れても京都には帰らなかった。在地領主としての足場を固めるために、長男の国香、次男の良兼の妻として、常陸大掾の源護の娘を迎え、三男の良将には犬養春枝の娘と、地縁を固めている。これが、関東地方における平氏の地盤となったわけだ。」
big5
「ただ、興味深いのは延喜2年(902年)に、西海道の国司に任官されて高望は大宰府にお引越し。その地で、911年に亡くなった、というところですね。一度、関東の在地領主としての地位を獲得した後、九州方面の国司に任官される、というのは珍しいケースかな、と思います。」


※参考
海音寺潮五郎「悪人列伝」:平高望の上総介任官は寛平2年(890年) 典拠は大日本史の「表」の国郡司上総の部にそうある、と記述している。

将門の出生年


small5
「次の話は将門の出生の年の話だな。これについては、現状では不明、だ。新史料でも出てこない限り、おそらく不明のままなんじゃないか、と思う。だが「不明です」だけでは面白くないので、候補として挙げられている年を見てみよう。」

<平将門 出生年の候補>
1.903年(延喜3年)説
おそらく、一番広く採用されている説。940年に戦死した時に満37歳だった、という説から逆算した結果。ただし、戦死した時に37歳だった、というのも真実かどうかは定かではない。

2.889年(寛平元年)説
これの根拠は室町時代後期に書かれた『応仁記』に「将門平親王は巳酉年の生まれ」とされており、この時期で巳酉の年が889年だから、という理由。

3.884年(元慶8年)説
軍記物語を研究した梶原正明氏が著書で紹介した説。『将門記』に登場する、将門が反乱を起こした時に、元主君である藤原忠平に送った手紙の中で「あなた様に仕えて以来数十年、〜」とあることから、数十年を40年と仮定。さらに、将門が忠平に仕え始めたのが15歳と仮定して、それが899年頃と考えると、884年生まれ、ということになる、という考え方。

4.910-913年説
小説家・史伝作家の海音寺潮五郎氏の著書「悪人列伝」で記述している説。
「幸田露伴が著した「平将門」では、菅原道真が死んだ年に生まれた、つまり延喜3年(903年)と書いているが、典拠が何なのかはついに見つけられなかった。高望王の上総介赴任が寛平2年(890年)なので、903年生まれだとすると、赴任から13年しか経っていない。将門は「小次郎」の名前が示すように三男なので、寛平2年(890年)には、父の良将は相当の年でなければいけないし、さらに祖父の高望は、良将の上に長男・国香と次男・良兼がいるのだから、もう老人に近い年でなければならない。7、8〜10年引き下げてもいいと思う。」
また、良将が亡くなって遺領争いが起こっていることを考えると、将門が既に相当な年だとしたら遺領争いは起こりにくいだろう、少年だからこそ起こったのではないか、と考えている。

big5
「かなり幅がありますね。一番古いのが884年で、一番新しいのが913年で、幅が29年もありますね。この中のどれかだとは思いますが、特定は難しそうですね。「高見王=高望王説」のところでも考えた推定を続けると、高望が846年生まれで、30歳で良将が生まれたとすると、良将は876年生まれ、良将30歳の時に将門が生まれたとすると906年産まれ、ということになりますので、903年説か、あるいは海音寺潮五郎氏の910〜913年説が、一番現実的なんじゃないか、と思いますね。884年説だと、高望が846年生まれだとして、20歳の時に良将が生まれたとすると866年、そして良将が18歳の時に将門が生まれなければならないので、無理ではないですがかなり早いです。」
small5
「その計算だと確かにそうだな。だが、高望の846年生まれはあくまで推定計算の結果だ。もっと早く生まれていた場合、将門が884年に生まれても違和感はなくなるぜ。
やはり、何かしら新史料がないと、この話は進みそうにないな。。」

京都で過ごした青年時代


small5
「さて、生まれに謎が多い将門だが、謎が多いのはそれだけではない。幼年期、少年期の記録もないし、青年期の記録もほとんどないな。よく言われているのは
京都で摂政・藤原忠平の家人として仕えていたが、出世できず故郷に帰った
という話だな。」
big5
「ここ根拠となる史料は2つですね。まず1つは『将門記』。939年12月に将門が新皇を名乗った頃、将門が昔仕えていた藤原忠平へ手紙を送った。その内容が記述されています。ポイントは
『将門少年の日、名簿を太政大殿に奉じ、数十年にして今に至りぬ』(海音寺潮五郎『悪人列伝』より
というところですね。
もう一つの史料は、南北朝時代に北畠親房(きたばたけ ちかふさ)が著した『神皇正統記』(じんのうしょうとうき)です。こちらは、もう少し具体的に、将門は若い時に京都に上って藤原忠平に仕えた、と記述されています。おそらく、神皇正統記の記述は将門記が基になっていることでしょう。もしかしたら、当時は他にも史料があったのかもしれませんが、今となってそこまではわからないですね。」
small5
「まぁ、おそらく京都に上って藤原忠平に仕えていたことは間違いないだろう。実際、当時の地方武士の子息が出世を夢見て、あるいは朝廷とのコネ作りのために上京することはわりと一般的だった。将門のライバルになる平貞盛も若い時は京都で過ごしているからな。将門が京都で青年時代を過ごしても少しも変ではない。
次に「出世できなかった」という点について。」
big5
「これは『神皇正統記』の記述が根拠ですね。要約すると
「将門は検非違使の尉(じょう)になりたかったのだが、藤原忠平は将門を推薦しなかったのでなれなかった。将門はこれを恨み、反逆を企てたのである。」
ということですね。『将門記』には、この件の記載はないので、北畠親房が何を見てこの話を書いたのか、は謎ですね。個人的には、北畠親房の時代には、平将門の乱についての別の史料があったんじゃないか、と思います。もちろん、「史料」のレベルではなく「言い伝え」だったのかもしれませんが・・。」

Ban Dainagon Ekotoba - police
『伴大納言絵巻に描かれた検非違使』 制作年代:12世紀

small5
「少なくとも、高位高官に昇進しなかったのは事実だ。出世したら、同時代の貴族の日記やその他史料に登場するはずだからな。海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で、「平氏系図に滝口小次郎とあることから、滝口の武士であったのだろう」と推測している。滝口の武士なら、天皇が住まう御所の警備兵だから、高位高官ではないが、田舎ではそれなりに価値を持つ経歴だったのではないか、と俺も思うぜ。
ちなみに、『神皇正統記』が書いている検非違使という役職は、都の治安維持のために犯罪者を見つけて捕らえたりすることだ。現代でいう警察だな。検非違使も国司と同様に4つのランクがあって、一番上は「別当(べっとう)」、2番目が「佐(すけ)」、3番目が件の「尉(じょう)」で、一番下の4番目が「志(さかん)」だ。ちなみに、時代は後になるが、源義経が後白河法皇から授けられた官職が検非違使で、ランクも尉だ。将門が望んでいた地位と同じだな。相当する官位は大尉で従六位上、小尉で従六位下になるから、決して上級貴族ではない。ただ、地方官で考えると、従六位上なら上国の介相当で、従六位下なら下国の守相当だから、将門から見れば、従六位上に叙せられれば下野介に転任できるし、あわよくば1ランク昇格して正六位下となって、父・良将や祖父。高望のように上総介になって故郷に錦を飾ることもできることになる。狙いとしては分相応なものであっただろう。
余談になるが、尉の別名は「判官(ほうがん)」という。義経のことを「九郎判官」というのは、検非違使の尉であることに由来しているんだ。」
big5
「『神皇正統記』では、将門は検非違使の尉に推薦されなかったら謀反を考えた、とありますが、これはちょっと大袈裟な気もしますね。第一、故郷に帰ってすぐ謀反したわけでもないですし。」
small5
「そうだな。『神皇正統記』は結果を意識しての記述になっていると言っていいだろう。海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で
幸田露伴も書いているように、こんな理由で反逆を企てるなんてありえない。公卿のうぬぼれのせいで、こんな阿呆な話を書くのだ。」と厳しく批判している。

将門と純友の野望 比叡山にて

small5
「さて、次の話に行こう。将門の京都時代の逸話として有名なのが、藤原純友と比叡山に登って京都の街を見下ろしながら
「この都は俺の5代前の桓武天皇が作った都だ。その子孫の俺は、田舎育ちで藤原氏に顎で使われるちっぽけな存在でいるとは、実に残念だ。いつの日か共に挙兵して都を奪い返そう。俺は桓武天皇の子孫だから、天皇になる。君は藤原氏だから関白だな。」
というかんじで、野心あふれる若者が将来の共闘を約束する、という話だ。実際、比叡山には「将門岩」があり、将門の怨念の表情が岩に表れている、というちょっとした観光名所(心霊スポット)にもなっているみたいだぜ。せっかくだからリンクを貼っておく。」

観測所雑記帳

big5
「これは情景的に絵になるので、映画や小説などで題材になりやすい話ですよね。ただ、この話は『将門記』にも『神皇正統記』にもありません。ただ、実際に将門の乱と同時に純友も乱を起こし、朝廷は同時に東西に大きなトラブルを抱えて大騒ぎになったことは事実で、貴族の日記にも「将門と純友は共謀していたに違いない」と書いていたりするので、共謀説は当時からあったわけですね。おそらく、この共謀説が伝承されていく中で、このような話が生まれたのではないか、と思います。」

将門と貞盛の対立

small5
「次の話は、京都時代から既に将門と貞盛が激しく対立していた、という話だ。これも、後の戦いの前哨戦のような話なので、小説・映画などでは脚色して描くいい機会だよな。」
big5
「この話は鎌倉時代前期に源顕兼が編纂した『古事談』という説話集の中にある話ですね。こんな内容です。
「ある日、平貞盛が仁和寺の式部卿宮敦実親王の所に行くと、ちょうど平将門が郎党5,6人を率いて帰るところだった。宮に会った貞盛は「今日は郎党を連れていなかったのが残念です。連れていたら、殺していました。将門は、将来大きな騒動を起こす男です。」と言った。」
という話ですね。」
small5
「『古事談』は歴史記録ではなく説話集なので、正確性に関しては問題がある。鵜呑みにはできない。だが、当時どういう話が巷にあったか、を知るにはいい史料だ。将門の乱の結果を知っていれば、辻褄も合うので、このような話はいかにもありそうな話だ。だが、「ありそうな話」が本当にあるかどうかは別だからな。この話はあくまで「もしかしたら、こうだったかもしれない」くらいの認識にしておいた方がいいと思うぜ。
参考までに、海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で以下のように考えている。
「将門記からうかがい知れる貞盛の性格とはまったく異なっているので、信じることはできない。」」

935年2月 野本の戦い 平将門の乱の始まり


平氏一族内紛の原因 「女論」

small5
「ここからは、平将門の乱の始まりとされる935年2月 野本の戦いの詳細を見ていこう。まず、野本の戦いの原因なんだが、これまた不明となっている。なぜかというと、現存している『将門記』は、序文に当たる部分が欠けているからだ。そのため、乱の始まりである野本の戦いは、突然戦闘描写から始まるからだ。ただ、この巻の末に、巻首の断片らしき数十字が書かれており、それに
『良兼去る延長九年を以て、聊か女論によって舅甥の中既に相違云々』(海音寺潮五郎『悪人列伝』より
という句がある。この「女論」とは具体的にどういうことなのか?この解釈を巡って、いくつかの説があるわけだな。」
big5
「具体的には、以下のような説ですね。

@将門がのけ者にされて恨んだ説
将門が源護に娘の一人を妻にしたいと頼んだのだが、源護は拒否して良兼、良正、貞盛に嫁がせてしまい、将門が恨んだ。

A将門が恨まれた説
源護の三人息子の誰かが好きだった女を、将門が自分の妻にしてしまった。そのため、源一家は将門を恨んだ。将門は、娘たちが嫁いだ良兼、良正らとも領地相続問題で揉めていたので、源護派閥が将門を倒そうとした。

ちなみに、海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で
「『将門記』に、源護には3人娘がいて、それぞれ良兼、良正、貞盛に嫁いでいることから・・・」
と書いてますが、貞盛のところはたぶん国香の間違いですね。姉妹を娶るはずなのに、貞盛だけ世代が違います。
なお、海音寺氏はA説で、その渦中の女性は平良兼の娘であった、として小説『平将門』を書いています。その根拠は、こんな事件の記録に基づいています。乱の途中の937年8月、堀越渡の戦いで将門が良兼に敗れた際に、将門の妻が良兼に捕らえられる、という事件が起きたのですが、その妻は弟たちの作戦で解放されて将門のもとに戻った、という話があります。『将門記』はこの経緯を以下のように記録しています。
然る間、妻の舎弟ら謀をなし、ひそかに豊田郡に還向せしむ。既に同気の中を背いて本夫の家に属く。譬へば遼東の女の如く、夫に随いて父の国を討たしめんとす。件の妻、同気の中を背いて夫の家に逃げ帰る。』(海音寺潮五郎『悪人列伝』より
将門の妻の舎弟というのは、実は良兼の息子たちのことで、彼らのはからいで将門の妻(良兼の娘)は、将門の下に帰ることができた、という説ですね。」
small5
「確かに、捕らえられた将門の妻が、弟たちの策で解放(脱出?)されたことについては、これ以上の詳細はわからないので、いろいろ想像できるよな。『同気の中を背いて』とか『父の国を討たしめんとす』とかの記述から考えると、将門の妻の父は良兼のことを指していると考えられるし、良兼の息子たちが協力すれば脱出も容易になるだろう。ありそうな話だと思うぜ。」


935年2月 野本の戦い

small5
「では、935年2月の野本の戦いの詳細を見ていこう。この戦いを記録している史料は『将門記』くらいだな。戦いの始まりはこのように書かれている。
『扶ら陣を張りて将門を相待つ。遥かに彼の軍体を見れば、いはゆる纛崛(とうくつ)の神に向ひ、旗を靡かし、鉦を撃つ。ここに将門罷めんと欲するも能はず、進まんと擬すれども由なし』(海音寺潮五郎『悪人列伝』より
」これによると、源扶らが将門が出てくるのを待ち構えていて、発見するや鉦を鳴らして攻め寄せてきた、ということだな。将門勢はおそらく少数で、退却しようとしたがそれもできないということで、意を決して戦いに臨んだ、ということだな。
平将門を専門に扱っている将門ブログさんに、『将門記』の書き下し文を載せているので、ここで引用させていただいたぜ。将門ブログさん、ありがとうございます。

裏等、野本□□□□(源)扶(みなもとのたすく=源護の子)らが陣を張って将門を待った。遙かにその軍の様子を見ると、いわゆる兵具の神に向かって旗をなびかせ、鉦を撃っていた。ここで将門は退こうと思っても退けず、進もうとしても進めなかった。しかし、身をふるいたたせて進み寄り、刃を交えて合戦した。将門は幸いに順風を得て、矢を射れば流れるようであり、予想通りに矢が命中した。扶らは励んだがついに負けた。このため亡くなった者は数多く、生存した者は少なかった。その(承平五年二月)四日に、野本・石田・大串・取木などの住宅から初めて、扶の味方をした人々の小宅に至るまで、皆ことごとく焼きめぐった。□□□□□□□□火を逃れて出た人は矢に驚いて帰り、火中に入って泣き叫ぶ。□□□□□□□□の中、千年の貯えも一時の炎に焼失した。また筑波・真壁・新治の三郡の伴類の家が五百軒余り、あるものすべて焼き払った。悲しいことに男女は火のために薪となり、珍しい財宝は他人に分配されてしまった。三界の火宅(苦しみの多いこの世)の財産にはそもそも五人の持ち主があり、持ち主が変わって定まらない、というのは、こういうことを言っているのだろうか。その日の火が燃え上がる音は雷鳴のようにすさまじく響き渡り、その時の煙の色は、雲と争うかのように空を覆った。山王神社は煙の中で岩の影に焼け落ち、人の家は灰のようになって風の前に散ってしまった。国衙の役人・一般人民はこれを見て悲しみ嘆き、遠い者も近い者もこれを聞いて嘆息した。矢に当たって死んだ者は思いもかけず親子の別離となり、楯を捨てて逃れた者は予期せず夫婦の生き別れとなってしまった。

将門軍が数の劣勢をものともせずに勝利し、しかも敵側の領土に侵入して大暴れした、という内容になっているな。この戦いの最中、あるいはその後間もなく、源扶、源隆、源繁の3人は戦死し、伯父である平国香も石田の屋敷を焼かれて死んだ、あるいは戦死して屋敷は焼かれた、とも言われているが、『将門記』の次の章で、亡くなったことが記録されている。」
big5
「中世の西洋で残っている戦いの記録と比べると、戦闘詳細がほとんど書かれていないのは残念ですね。ただ、当時の戦闘方法をうかがえる記述がいくつかありますね。一つは『将門は幸いに順風を得て、矢を射れば流れるようであり、予想通りに命中した。』という部分と、最後の文章『矢に当たって死んだ者は思いもかけず親子の別離となり、楯を捨てて逃れた者は予期せず夫婦の生き別れとなってしまった。』という部分を見ると、当時の戦闘方法はまず楯に身を隠しながら弓矢で射撃戦を行った、と考えることができます。射撃も、指揮官の指示に合わせて一斉に打つのではなく、個人個人がそれぞれに打ったんじゃないか、と想像できますね。白兵戦はその後に行われるようですね。おそらく、楯は↓のように並べて使ったのではないか、と思います。」

Ashigaru using shields (tate)
戦国時代、楯で身を隠しながら火縄銃を撃とうとする足軽部隊

small5
「おそらくそんなかんじだろうな。戦闘に関する記録はこの後にも出てくるから、その時も再度触れておこう。
細かい話だが、場所の話も確認しておこう。戦いの名前にもなっている「野本」だが、これは現在の地名には残っていない。海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で下妻のあたりであろう、と考えている。その他に大串、取木、石田の3つの名前が出てくるが、現在も残っているのは大串(茨城県下妻市大串)と石田(茨城県筑西市東石田)で、取木は残っていない。検索でも見つからなかったから、古地図を見ないと見つけられないと思うぜ。」
big5
「兵数の件ですが、将門は数的不利を覆して勝利した、と言われることが多いですが、『将門記』の記載を見ると、兵数の記載は一切ないですよね。私は、兵数的にはそんなに変わらなかったんじゃないか、と思います。「退却しようと思ったができなかった」というのは、兵力不足だからではなく、待ち構えていた扶らは戦闘準備を整えていたのに、将門軍は今ついたばかりなので行軍隊形のままであり、戦闘準備は整っていなかったのでしょう。一旦引いて、戦闘隊形を整えてから迎え撃とう、と考えるのが常識的な指揮官の考えだと思います。でも、扶の軍は鉦を撃って前進してきたので、後退したらその時点で敗走になったかもしれないので、迎撃したんでしょうね。それでも勝ってるから、将門軍はやはり強かったと思います。」
small5
「戦闘後、将門軍による敵地の焼き討ちについては、かなり残酷な内容になっているよな。『男女は火のために薪となり』というのは、つまり焼死する人が多かった、という意味だろう。戦争における略奪狼藉は古今東西共通の原理だが、この時代も例外ではない、ということだな。ここだけを読むと「将門軍は残忍だった」と思うかもしれない。間違いとは言えないのだが、正確とも言えない読み取りだ。今回は将門軍による蛮行になっているが、この後、将門の敵軍による蛮行も出てくるので、将門軍が特別残忍だったというわけではなく、当時の戦の悲劇を伝えている、と考えたほうがいいと思うぜ。」


野本の戦いの後の貞盛

small5
「さて、野本の戦いの後、『将門記』には貞盛が登場する。この時貞盛は、京都にいて左馬允(さまのじょう)という役職に就いていた、となっている。左馬允の「左馬」とは、馬寮(めりょう or うまのつかさ)という朝廷の馬を管理する部署で、ここの役人は帯剣している武官だ。左馬允の「允」は四等官制の3番目なので「じょう」と読む。左馬允なら、官位は従七位上か正七位下だ。貴族社会の中では下から数えたほうが早い階級だが、官位をもらえなかった将門に比べれば、だいぶ出世してる方だ、と言えるだろう。」
big5
「将門はきっと「いとこの貞盛は低いとはいえ役職も官位も持っているのに、俺には何もなかった」と憤慨するのもわかりますね。」
small5
「『将門記』には、この時の貞盛の心情を書いているので、やや長くなるが将門ブログさんの書き下し文を引用するぜ。

『そのなかで平貞盛は朝廷に仕え、事件が起こる以前に花の都に参上し、経めぐるうちに詳しくことのいきさつを京都で聞いた。そこで貞盛が事情を考えてみるに、「自分はまさに常陸の前の大掾(三等官)・源護やその子息とはみな同族であった。しかし、まだ自分から加勢したわけでもないのに、その姻戚として縁があったがために、父・平国香の家はみなことごとく亡んでしまい、本人も死去してしまった」と。遙かにこの事情を聞いて、心中に嘆いた。財産については五人の主があるとかいうのだから憂い嘆くことはない。しかし、哀れなのは、亡父がむなしくあの世への別れを告げ、残された母一人が山野に迷っているという。朝には座ってこれを聞いては涙で顔を濡らし、夕方には横になってこのことを思っては愁えて胸を焼いた。
貞盛は哀慕の思いに耐えられず、休暇を申し出て故郷に帰った。ようやく私宅に着いて、亡父を煙の中に探し、母を岩の影に尋ねた。幸いに司馬(左馬允)の位に至ったというのに、帰郷してからは別鶴という曲のように嘆き悲しんだ。そして、人の口伝えで偕老の妻を得ることができ、人づてに連理の妻を得た。麻布の冠を髪につけ、菅の帯を藤の衣に結ぶという喪服姿とは悲しいことだ。冬が去り、春が来て、ついに親孝行ができなくなり、年が変わり季節が改まって、ようやく一周忌を済ますことができた。
貞盛がよくよく事情を調べてみると、将門は本来の敵ではなかった。これは自分たちが源氏の姻戚に連なっていたがためのことである。いやしくも貞盛は国家守護の職にある。都の官に戻って出世するべきである。しかし、やもめの母が家におり、子である自分以外にだれが養えようか。数々の田地は自分以外に誰が領有できようか。将門に和睦して、よしみを都と田舎で通じ合って、親しさを世間に広めよう。だから、このことを詳しく告げて、将門と親密にするのがよいだろう、と考えたのであった。』


意外なことに、仇討ちを考えるのではなく、母と領地の管理のためには将門と仲良くしておき、それを世間にも知らしめよう、そして自分は都で出世しよう、と考えているわけだ。」
big5
「『古事談』に出てきた京都時代の貞盛とは別人のような考え方ですよね。海音寺氏が「古事談の話は信用できない」というのもわかります。」
small5
「『将門記』が正しい、とすれば確かにそうなんだが、そもそも『将門記』の作者は、どうやって貞盛の気持ちを知ったのだろう?俺は情報源が何だったのか、に興味があるな。貞盛から直接聞いたのか、あるいは貞盛の近くにいる人物から聞いたのか、それとも貞盛と将門が実際に友好を深めようとしていた記録があるのか、とか色々可能性はあるよな。」


935年10月21日 川曲村の戦い 平将門 vs 平良正


平良正によるリターンマッチ

small5
「野本の戦いで大勝利を挙げた将門に対し、息子3人を失った源護の怒りは相当なものだっただろう。次は、源護の娘たちが嫁ぎ先である、将門の伯叔父たちとの戦いだ。その第1回戦が、935年10月の川曲(かわわ)村の戦いだ。川曲も、今では名前が残っていないので場所が特定できていないが、川曲村は新治郡(にいはりぐん)に属していたことが『将門記』に記録されているな。
今回、将門に挑んだのは叔父の平良正だ。良正も謎が多い人物なのだが、『将門記』では「故上総介高望王の妾の子で将門の次の伯父也、而介(同じく上総介?)の良兼朝臣興良正兄弟之上、乍而、彼の常陸前掾源護之因縁也」(
将門記 総ひらがな版 原文付きより)と紹介されている。「因縁」とは源護の娘婿だったようだな。良正の本拠は常陸の水守(みもり)という所にあった。水守は、現在のつくば市水守と同じだろう。
義父にあたる源護が扶、隆、繁の3人の息子を失い、嘆いてばかりいるのを見た良正は哀れに思ったのだろう。仇を討ってやろう、と言わんばかりに兵を集め始めた。将門記では
『如車舞迴於常陸地』(車の如く常陸の地を舞い廻った)
とある。」
big5
「この文から考えると、当時、戦をするために兵を集めるときは、自身の麾下にある郎党・所従だけでは数が足りないので、関係ある他の武士に出兵を依頼していたんでしょうね。」
small5
「だろうな。さて、『将門記』に沿って話を進めるぞ。
頑張る良正を見て、良正の姻戚の者たちは協力を約束した。準備完了となり、楯を背負って出立した。これを聞いた将門も出陣し、935年(承平5年)10月21日、両軍は新治郡の川曲村で合戦したが、運があったのは将門で、良正には運が無かった。良正勢は60余人を射抜かれ、逃亡者は数知れず。22日に将門は本拠に帰った。
というのが『将門記』の内容だ。」
big5
「野本の戦いに比べると、戦闘前の経緯は比較的しっかり書かれていますね。要するに、良正によるリターンマッチだった、というわけですね。日付と場所は明記されていますが、両軍の兵士数はやはり不明ですね。推測になりますが「良正勢の死者が60余人、逃亡者は数知れず」というところから察すると、戦死率10%で敗走したとすると、良正勢は600人くらい、というところでしょうかね。
あと、特徴的なのが、良正出発の部分の記述ですね。『任理負楯、依實立出』(理に任せて楯を負い、實(実)に依りて出立す)、とあり、「楯を負う」というのが特徴的です。出陣の表現が「楯を負う」になるということは、当時の戦闘では楯が必需品だった、ということの証左だと思います。」
small5
「そうだな。こうして、将門は第2回戦も華々しい勝利を飾り、その武名は関東地方で徐々に大きくなっていたことだと思うぜ。」


936年7月26日 下野国境の戦い 平将門 vs 平良兼・良正・貞盛


平良兼の参戦

small5
「さて、次の話は936年(承平6年)の下野国境の戦いだな。引き続き、『将門記』に基づいて話を進めていくぞ。
リターンマッチに敗れた平良正は、兄である上総介・平良兼に手紙を書いて救援を要請した。良兼はこれに応え、戦の準備を始め、良正も兄・良兼に援軍を約束してもらったことで元気が出て、再びリターンマッチの準備を始めた。承平6年6月26日には、常陸の国に雲のように兵が集まってきた。上総・下総では禁止の圧力を加えたが「親戚を訪ねる」などと言う者が多く、関所を通らないで上総国武射郡の小道から下総国香取郡の神崎に到着。渡しから常陸信太郡其崎前津に至り、その翌日早朝に水守に到着した。
という話だな。」
big5
「興味深いのは、中国の故事を使った表現が出てくるところ、ですね。まず、敗れた良正の心情表現として
『然而依於会稽之深、尚發敵對之心』
とあります。意味は「しかし、会稽の恥を雪ぐという思いが深く、まだなお敵対心を持っていた」ですね。「会稽の恥をすすぐ」という故事成語が使われているところを見ると、将門記の作者は史記の知識を持っていたのであろう、と推測できます。同様に、良兼から援軍の約束を得た時の良正の心情表現には
『成李陵之昔勵』
「昔の(前漢の武将)李陵のように励を得た」となっています。これも、李陵を知らなければ書けない表現です。ただ、李陵のように励を得た、というのは、なんだか意味がよくわからないですね。」
big5
「当時の軍事システムの一部を表現している箇所もあるな。まず、川曲村の戦いでの負傷兵・逃亡兵が再び集まってきた時の表現が
『其戰遁者、繕楯會集』
「その戦の逃亡者は、楯を繕って集まった」となっている。楯を繕う、というのは単なる表現ではなく、実際に戦の必需品である楯を修理したんだろうな。他には、良兼・良正勢が常陸に集結する表現もおもしろい。

貞盛も不本意ながら参戦

small5
「この頃、平貞盛は水守に来ていたそうだ。将門記に
『貞盛疇昔(ちゅうせき)の志あるによりかの介に対面す』と書いてある。この意味は海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で「疇昔とは前日または昨晩のこと。昨晩から来ていた、という意味だろう。」と書いている。良兼は貞盛に「敵である将門と仲良くするなど、武士ではない。我々と共に戦え」と諭した結果、貞盛は不本意ながらも従った、という話だな。」
big5
「『将門記』では、野本の戦い以後、貞盛は将門と友好的に接しようとしていた、と書いていますね。そうなると、やはり京都時代から犬猿の仲だったかのように書いている『古事談』の話は作り話のように感じられますね。」

下野国境の戦い

small5
「さて、ここから戦いの話だ。引き続き、『将門記』に基づいて話を進めていくぜ。
良兼らの軍勢が出発したという知らせが将門に届くと、将門は100余騎を率いて出陣し、下野の国境に向かった。そこで見た良兼軍は数千の兵であり、しかも将門軍は先の戦いでの損耗からまだ回復しきっていないのに、良兼軍は元気な新手であった。良兼軍は楯を並べて戦闘態勢に入った。将門軍は、将門がまだ到着していなかったのだが、歩兵が前進して人馬80余人を射取った。良兼らは驚いて敗走し、将門は鞭を振ってこれを追った。
追われた良兼軍は下野の国府に立てこもった。将門は、身内である良兼を討つのは気が引けたので、国府の西側だけを開けて良兼を逃がそうとしたが、良兼だけでなく千余人の兵たちも一緒に逃走した。将門は、国府の日記に良兼が仕掛けた戦の道理のなさを記して、翌日に本拠に帰った。
という話だな。」
big5
「ビックリするのは、100余騎の将門軍が、数千の良兼軍をいとも簡単に破ったかのような記述になっていますね。しかも、「歩兵が攻め込んで行って、人馬80余人を射ち取った」というのは、つまり白兵戦に持ち込んで勝利した、ということになります。一般的には、白兵戦になると数が多い方が圧倒的に有利なのですが、この戦いではあべこべの結果になっていますね。」
small5
「ここの解釈については、海音寺潮五郎氏は『悪人列伝』で「歩兵がうまく地物を利用して狙い撃ちにしたのだろう」と予測している。少数の兵が大軍に切り込んでいっても勝ち目は薄いから、このような射撃戦で勝ったのかもしれないな。それでも、数で負けてる方が勝つのは、普通ではないよな。」

平将門の乱 詳細篇その2へ

平将門の乱 詳細篇その3へ



平将門の乱・藤原純友の乱へ

日本 武士の台頭 目次へ

トップページへ戻る

この解説は、管理人の趣味で作成しております。解説が役に立ったと思っていただければ、下記広告をクリックしていただくと、さらなる発展の励みになります。


参考文献・Web site
・詳しくわかる高校日本史
・承平・天慶の乱